ベトナム投資信託(ファンド・ETF)

CAMベトナムファンドの実態は?ベトナム成長株インカムファンドと比較。評判通り投資指標は残念?トータルリターン・標準偏差やシャープレシオの水準に不安材料。基準価額チャートなど運用成績比較で評価

CAMベトナムファンドの実態は?ベトナム成長株インカムファンドと比較。評判通り投資指標は残念?トータルリターン・標準偏差やシャープレシオの水準に不安材料。基準価額チャートなど運用成績比較で評価

 

投資をする上で、全てを安全資産で運用することは悪くありませんが、一部を少々リスクの高い投資対象に振ることで、最大リターンを高める努力もしていきたいものです。

そんな時に、比較的高いリスクを持つ投資対象の選択肢として、新興国投資信託、ETFなどが代表格です。

筆者自身も、魅力的な新興国投信を常に探していますが、今回も調査の一環として、「CAMベトナムファンド」について書いてみたいと思います。

 

ベトナム投信を検討する前に、ベトナムの経済事情、株式市場事情についても把握しておきましょう。

>>> チャートで見る、ベトナム株式市場!VN指数は健全に成長。2021年以降の買い方はヴァンエック ベクトル ベトナムETF(VNM)がおすすめの選択肢?

—————————————————————————-

🔸 ベトナム投信一覧

—————————————————————————-

 

>>>【2021年】新興国株式に投資するファンドをランキング形式で紹介!投資信託(&ETF)やヘッジファンドを網羅的に評価する。

 

それでは、CAMベトナムファンドについて調べていきます。

 

CAMベトナムファンドとは?

細かい詳細は「CAMベトナムファンド」の目論見書を読むのが早いでしょう。この記事ではポイントのみに焦点を当てていきます。

 

簡単な概要としては、「CAMベトナムファンド」は、ベトナムの取引所に上場する株式、ベトナムの取引所に準ずる市場において取引されている株式、ならびに世界各国、地域の取引所に上場するベトナム関連企業の株式に投資するファンドです。

とにかくベトナムの成長性の高い株を買っていくファンドです。ファミリーファンド形式。運用は「キャピタルアセットマネジメント株式会社」です。同社はグローバルAIファンドやアジア好利回りファンドなど幅広く運用を行っています。

 

運用プロセスは、トップダウン分析とボトムアップ分析を組み合わせたアプローチ。逆にこれ以外の手法を取っているのはロボットファンドかPEファンドくらいのような気もします。

  • トップダウン分析・・・マクロ経済動向および政治情勢 等の見通しについて検討
  • ボトムアップ分析・・・利益成長率、配当利回りなどの 分析やその他情報等を参考

 

同じベトナムに投資をするベトナム成長株インカムファンドも運営しています。

 

 

 

「CAMベトナムファンド」の規模は2021年1月29日時点で48億円です。小規模ファンドですね。

組み入れ銘柄は以下の通りです。大手企業で固まっていますね。国営企業の面々が揃います。

 

順位 銘柄 業種/セクター 組入比率
1 FPT テクノロジー・ハードウェアおよび機器 8.70%
2 ベトナム外商銀行 (ベトコムバンク) 銀行 8.10%
3 ビンホームズ 不動産 7.90%
4 ビングループ 不動産 7.00%
5 ホアファットグループ 素材 6.50%
6 モバイル・ワールド・インベストメント 小売 5.80%
7 ビナミルク(ベトナム乳業) 食品・飲料・タバコ 5.50%
8 軍隊商業銀行(ミリタリー・コマーシャル) 銀行 4.40%
9 ベトナム投資開発銀行 銀行 3.80%
10 ベトナム産業貿易商業銀行 銀行 3.60%

 

ビナミルクはよく聞くベトナムの大手企業ですよね。組み入れ一位のFPTはベトナムにおいて最大手かつ、最も急速に発展しているソフトウェアアウトソーシング/オフショア開発を得意とする企業です。

 

「キャピタルアセットマネジメント株式会社」はベトナム成長株インカムファンド」も運営していますが、ポートフォリオはどのように異なるのでしょうか?(どのような棲み分けをしているのか?)

 

順位 銘柄 業種/セクター 組入比率
1 FPT テクノロジー・ハードウェアおよび機器 9.30%
2 ベトナム外商銀行 (ベトコムバンク) 銀行 8.60%
3 ビンホームズ 不動産 7.60%
4 モバイル・ワールド・インベストメント 小売 7.50%
5 ビングループ 不動産 7.10%
6 ホアファットグループ 素材 5.50%
7 ビナミルク(ベトナム乳業) 食品・飲料・タバコ 5.00%
8 軍隊商業銀行(ミリタリー・コマーシャル) 銀行 4.70%
9 ベトナム投資開発銀行 銀行 3.80%
10 ベトナム産業貿易商業銀行 銀行 3.20%

 

あまり変わりませんね。ほぼ同様です。ベトナム成長インカムファンドの方が純資産は約300億円と大きいです。

 

ベトナム成長インカムファンドの販売手数料は3.3%(税抜3.0%)を上限、信託報酬はファンドの純資産総額に対し、年1.881%(税抜1.71%)。CAMベトナムファンドの販売手数料は3.3%(税抜3.0%)を上限、信託報酬はファンドの純資産総額に対し、年2.618%(税抜2.38%)。

 

CAMベトナムファンドの方が信託手数料が高く、それであればベトナム成長インカムファンドを購入した方が良いのではと思ってしまいます。

 

ここまでが概要です。ファンド選びをする上で重要な指標を見ていきましょう。リターン面においてもベトナム成長インカムファンドと比較をしてみたいと思います。

 

基準価額(チャート)、トータルリターン、シャープレシオ、標準偏差

基準価額はコロナショックで大きく凹んだ時期がありましたが、異次元の金融緩和でその後は上昇。これは世界的に同じ動きをしています。ひとまず基準価額に大きな問題点は見られません。

 

基準価額

 

トータルリターン、標準偏差とシャープレシオを見ていきます。

 

1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
トータルリターン 71.82% 9.29% 13.96% 12.65%
標準偏差 22.97 29.63 24.36 22.34
シャープレシオ 3.13 0.31 0.57 0.57

 

トータルリターン

1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
トータルリターン 71.82% 9.29% 13.96% 12.65%

 

勝率を見ていきたいので長期で見たいですが、10年で12.65%のリターンは高いですね。

しかし、直近の1年が71.82%になっていることから分かる通り、2020年のコロナショック後からの異次元の金融緩和により世界的に昨年1年はハイリターンになっています。

 

適正な評価がイマイチ、トータルリターンからはできなくなってしまいました。しかし、2020年の大きなリターンがありながら、3年のリターンが9.29%となっており、ここ3年は優れた成績を出せていなかったことは把握できます。

2018年のマイナスリターンが響いています。

 

パフォーマンス

 

ちなみにキャピタルアセットマネジメントが運用している他ベトナムファンドである「ベトナム成長株インカムファンドのトータルリターンは以下の通りです。リターンはCAMベトナムファンドと同じ水準でした。

 

1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
トータルリターン 63.05% 8.97% 14.48%

 

リターンが同じであれば、手数料の安い方を単純に選ぶことになります。

 

標準偏差

1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
標準偏差 22.97 29.63 24.36 22.34

 

標準偏差とは、平均からのばらつきを表しますが、よく分からなければ標準偏差が大きいとリスクが高いということを覚えておいてください。

標準偏差は10年で22.34。非常に高い水準であり、値動きが激しい投資対象を選好して運用を行っていることがわかります。新興国に投資をする代表ETFのバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)ですら、標準偏差は15-18です。

3年を見ると30に届きそうな29.63です。これは異常事態レベルの数字です。リスクの高い投資先であることは理解しましょう。そのぶん、高いリターンに魅力がある市場であることも理解できます。

 

参考までに、ベトナム成長株ファンドは以下です。こちらも同水準です。

 

1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
標準偏差 25.46 29.36 24.81

 

 

シャープレシオ

1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
シャープレシオ 3.13 0.31 0.57 0.57

 

続いて、シャープレシオを見て下さい。これはリスクに対するリターンの割合を示しています。難しければ、とりあえず1を超えていると優秀な商品だと思って下さい。直近1年は3と異常値が出ていますが、これは異次元金融緩和による数字ですので参考になりません。

長期で見た数字が正確な勝率となります。

 

CAMベトナムファンドの場合は10年で0.57と1を大きく下回っています。つまり、とっている大きなリスクの割にはリターンが大したことが無いというのがこのファンドの特徴です。

 

<ベトナム成長株ファンド>

1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
シャープレシオ 2.48 0.31 0.58

 

指数を上回ることはできているのか?

アクティブファンドに求められるのは、「指数を超えること」です。指数を超えられないのであれば、投資家からすればインデックスに投資する以外選択肢がないわけです。

ベトナム代表指数はVN指数ですが、それに類似する商品はありませんので、似た戦略としてベトナム大型企業のみ組み入れている「ヴァンエック ベクトル ベトナムETF」(VNM)と比較してみます。

 

1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
ベトナム株ファンド(大和アセットマネジメント) 68.72% 11.07%
ベトナム・ロータス・ファンド 98.84% 17.79%
DIAMベトナム株式ファンド 74.22% 12.36% 16.23%
CAMベトナムファンド 71.82% 9.29% 13.96% 12.65%
成長株インカムファンド 63.05% 8.97% 14.48%
ベトナム株式ファンド 59.96% 8.43% 12.26% 13.89%
ヴァンエック ベクトル ベトナムETFベトナム 44.25% 7.05% 7.65% 1.46%

 

指数は当然ながら超えていますね。「ベトナム・ロータス・ファンド(愛称 : ロータス)」「DIAMベトナム株式ファンドベトナム成長株インカムファンド」「ベトナム株ファンド(大和アセットマネジメント)」「成長株インカムファンド」「ベトナム株式ファンドも超えています。5ファンドとも同じようなリターンですね。DIAMベトナム株式ファンドがこの中では一番優秀です。ベトナム株ファンド、ロータスは3年しかデータがないので戦力外です。

 

CAMベトナムファンドは楽天証券/SBI証券などで買えるのか?

楽天証券でもSBI証券でも購入可能です。便利な世の中ですよね。一昔前は証券会社の窓口に行って申し込んでいたのですから。

 

楽天証券・CAMベトナムファンド

SBI証券・CAMベトナムファンド

 

注意点としては、あまりにも便利で、サクサクと投資信託を売買できてしまうので、ファンドに預けて運用を任せているにも関わらず数日で売買してしまったりすることです。

ファンドに投資をした場合、長期で結果が出るのを待つのが基本です。売買するものではありません。売買したいなら自分で個別株、FXなどを楽しむべきでしょう。簡単に勝てる代物ではございませんが、一度トライするくらいはいいかもしれませんね。

 

まとめ

総じて悪くないリターンではありますが、あまりにも標準偏差が高いことや、シャープレシオを見る限り、CAMベトナムファンドは無理して投資する先ではないと思いました。もっと良い先があります。

また、新興国に投資をする割には、2020年の大きな追い風があったにも関わらず、10年スパンでは控えめなリターンとなっています。もう少し高いリターンを期待したいですね。リスクリワードが合いません。

 

また、ベトナムで個別株を買う戦略を考えても、これから新興国株式に追い風の時流が流れそうですが(2022年初頭頃から)、度重なる金融緩和で、ベトナムの人気株はすでに高値になっているようにも見えます。

新興国株投資では、まだ放置されている割安株を狙う投資戦略が今後は功を奏しそうです。

 

ーーーーーーーーーーーー

(新興国分析一覧)

中国 香港 インドネシア インド カンボジア シンガポール タイ

フィリピン ブラジル ベトナム マレーシア ミャンマー ラオス 南アフリカ

ーーーーーーーーーーーー

個人的には、今後より世界で名を馳せていくであろう中国市場に注目しています。

 

>>>【2021年】新興国株式に投資するファンドをランキング形式で紹介!投資信託(&ETF)やヘッジファンドを網羅的に評価する。

 

>>> 【見通し良好!】中国の経済は今後どうなる?終焉と謳われた過去を払拭し中国製造2025でハイテク産業重視にシフトしてGDPで世界の覇権を握る!

新興国投資で投資で大きく資産を増やす投資先とは?投資対象・運用戦略・期待リターンから厳選。
新興国の資産運用

 

 

皆さんもご存知のことと思いますが、現在世界経済の成長を牽引しているのは疑いなく新興国経済となっています。今後も先進国の成長率は低下することが見込まれていますが、新興国の高い成長率は継続することが予想されています。

先進国と新興国の経済成長率の比較

経済の成長にともなって新興国企業の1株あたりの利益もコロナから順調に回復し再び成長軌道に乗ることが見込まれています。

新興国の経済成長率の推移を先進国と比較

 

一方、堅調な経済成長と企業利益とは反対に、新興国株式は軟調に推移し先進国株式に対して割安に推移しています。結果として新興国株式は先進国株式に対して30%程度割安となっており2020年代は再び新興国株式の時代がくると目されています。

青:新興国株式全体
黄:全世界株式全体
緑:先進国株式全体

先進国に対して劣後する新興国株式市場

参照:MSCI

 

強い株式市場というのは移り変わっていきます。2000年代は新興国株式、2010年代は先進国株式でした。2020年代は再び新興国株式の時代が到来しようとしているのです。

そして、新興国株式投資で大きなリターンをだすためには、中でも魅力的な新興国に投資をする必要があります。

 

また、新興国の個別株は個人投資家にはなかなか分析するのが難しいのではないでしょうか。そこで、新興国株式の分析をし実際に投資している筆者の観点から大きなリターンを望める投資先を厳選してランキング形式でまとめています。

新興国投資を行う際に参考にしていただければと思います!