インドネシア投資信託(ファンド・ETF)

インド株運用できるおすすめ投資信託ランキングを紹介!

新興国の中でもBRICSの一角としてインド株投資は大人気です。

 

そのためインドに投資する投資信託は数多くあります。ではその中でどの投資信託がいいのでしょうか?よく分かりませんよね。

 

そこで今回は数あるインド投資信託をおすすめ順にランキングしていきます。インド株投資が気になる方はぜひ検討してみて下さい。

 

1位:新生・UTIインドファンド

インド株投資信託で資産運用するなら「新生・UTIインドファンド」が圧倒的に強いです。

 

これまでの運用成績を見ても数あるインド投資信託の中で群を抜いており、目立った存在となっています。

 

これは、業界の総意でありインド部門におけるR&Iファンド大賞を10年連続で受賞しています。

 

ただし、確かにインド投資信託の中では1強ですが、インドという国自体がこれからの投資に適していないのではという懸念もあるので飛びつかないように注意して下さい。

 

あわせて読みたい
新生UTI・インドファンドを選ばない理由!運用成績やチャートから分析する本当の評価・評判とはこれから経済成長していく新興国に投資することでハイリターンを狙える新興国投資は魅力的です。 代表的な新興国はBRICSなど...

 

2位:ドイチェ・インド株式ファンド

ドイチェ・インド株式ファンドはドイツ銀行グループの資産運用会社ドイチェ・アセット・マネジメントが展開する投資信託です。

 

外資系の投資信託ということで期待感はありますが、投資先の銘柄に特段変わった点はなく少し物足りないかなという気がします。

 

これまでの運用成績を見ても、組入銘柄数が38と少ないこともあり、かなり値動きの大きい不安定な投資となっています。

 

「大きなリスクの割にリターンが得られていない」というのが本投資信託の評価です。

 

あわせて読みたい
投資すべきではない?ドイチェ・インド株式ファンドの評判を徹底分析!新興国投資でイチバン簡単な投資手法は投資信託を購入することです。 投資信託はなかなか良いものが少ないですが、本当に内容の良...

 

3位:iTrustインド株式

第3位はiTrustインド株式です。こちらは手数料が安いiTrustシリーズの投資信託となっており、他のインド投信と比べてコストの低さが売りとなっています。

 

一般的に新興国向けの投資信託は手数料が高くなっており、インド投信も例外ではありません。その中で見るとiTrustインド株式の手数料は確かに安いです。

 

iTrustインド株式ファンド 一般的なインド投信
購入時手数料 なし 3.3%~3.85%
信託報酬 年1.4998% 年2.0%
信託財産留保額 なし 0.3%~0.5%

 

比較してみると一目瞭然ですね。購入時手数料や信託財産留保額がかからないのは嬉しいですし、信託報酬も普通の投信よりは高いですがインド投信の中では安いです。

 

しかしながら、運用成績を見るとリスクが大きいのにもかかわらず、インデックス(MSCIインド)にまける成績となっており投資価値はあるのかは疑問です。

 

とにかくコストを抑えてインド株に投資したい人には良いかもしれませんが、運用で利益を得たいのであれば他の国に目を向けてみる事をおすすめします。

 

あわせて読みたい
激安・お買い得!?iTrustインド株式の評判とは!分かりやすく徹底評価する資産運用でハイリターンを狙うなら新興国投資がおすすめです。 ただし、新興国投資を行うファンドは、一般的な投資とは異なり手間...

 

今後伸びていく新興国とは?

ここまでインド投資信託について見てきましたが、正直今から投資するならインドじゃないと思います。

 

なぜならインドはすでに株価が割高になってしまっていて、これから投資する旨味がないからです。

 

では、どこの国がおすすめなのでしょうか?答えは下記の新興国おすすめランキングにあります。

 

インドに限らず世界中から検討したおすすめ投資信託ランキングですので、ぜひ確認してみて下さい。