インド株式市場

経済成長にだまされるな!インド株投資がオワコンでおすすめしない理由を解説する

これから経済成長していくインド株投資ならハイリターンが狙えるだろう!
日本株よりも新興国であるインド株の方が利益を期待できるはず!

 

このように考えインド株投資を検討している人は多いのではないでしょうか?

ですが果たして本当にインド株投資は儲かるのでしょうか?

 

確かに一般的には新興国投資としてインド株式市場は注目されています。しかし、筆者はインド株式投資は明確に儲からないと考えています。

 

世間で言われていることを盲目的に信じてだまされてはいけません。これからインド株に投資すると失敗する理由を解説していきます。

 

世間でインド株投資が注目されている理由

BRICSに数えられるインド株投資

まずは、世間でなぜインド株投資が注目されているのかから確認していきましょう。

 

そもそもは2001年にアメリカの証券会社ゴールドマンサックスのアナリストが投資家向けレポートでBRICSとして注目の新興国を挙げた事に端を発します。

 

BRICSとは

B:ブラジル
R:ロシア
I:インド
C:中国
S:南アフリカ(元々は複数形のSだったが2011年に南アフリカが追加)

 

BRICSとして一つのグループにまとめられたことから、これらの国々は2000年代以降注目を集め続けてきました。

 

インド株投資がハイリターンを期待される理由

BRICSへの投資にハイリターンが期待される理由は何といってもこれらの新興国が経済成長していくと期待されているからです。

 

事実、これまでインド経済は順調に成長してきました。インドのGDP推移がこちらです。

 

参照:TRADING ECONOMICS

 

2011年には1兆8000億ドル程度でしたが、2021年には2兆8000億ドル程度と約1.5倍になっています。

 

ちなみにこの間に日本は約6兆ドル → 約5兆ドルと20%弱減少していますので、インドの経済成長がいかにすごいか分かりますね!

 

そして、経済成長に合わせてインド株式市場も順調に成長してきました。インドの代表的な株価指数であるSENSEXの推移はこちらです。

 

参照:SBI証券

 

2011年には20,000程度であったものが、2021年には50,000を超えており2倍以上に成長しています。GDPは1.5倍ほどの成長でしたので、インドでは株式市場の成長が特に著しいことが分かりますね。

 

これまでインドの経済や株式市場が順調に成長してきたことは分かりましたが、大切なのはこれからです。今後のインド経済や株式市場はどうなっていくのでしょうか。

 

インドは本当に経済成長していくのか?

人口から見るインドの経済成長

インド経済が成長してくか考えるにあたってまずは人口から見ていきましょう。

 

人口は経済成長に当たって極めて重要な要素であり、人口が増加していく国はいわゆる人口ボーナスの恩恵を受けられるため経済成長しやすいです。

 

インドの人口が今現在多いのは既知の事実ですが、これから増加し続けるのかもきちんと確認が必要です。そのために、人口動態を確認してみましょう。

 

参照:世界の人口ピラミッド

 

きれいなつりがね型となっており若い人が非常に多いことが分かります。そして、今後の人口推移のシミュレーションも見てみましょう。

 

参照:世界の人口ピラミッド

 

インドでは2059年まで人口が増加し続けていき16億人に達することがわかります。非常に人口が多く、さらに今後約40年間増え続けていくということで、人口という観点から見るとインド経済の成長には大きな期待ができます。

 

経済政策から見るインドの経済成長

続いて経済政策も見ていきましょう。インドの首相は2014年からナレンドラ・モディ氏が務めています。

 

元々グジャラート州で州首相をつとめ、そこで経済成長を実現したことから国政でもその手腕を発揮することが期待されており彼の経済政策はモディノミクスと呼ばれています。

 

モディノミクスでは主にインフラ整備や外貨の受け入れを推し進め、安定的な経済成長を実現しています。

 

参照:世界経済のネタ帳

 

1980年以降からの推移で見ても、インド経済は順調に成長し続けています。2020年に初めてマイナス成長を記録してしまいましたが、この原因は言わずもがなコロナウィルスです。

 

モディ政権はすぐに「自立したインド」という新しいスローガンを掲げ輸入に頼らない産業構造を作り上げることによって自立したインド経済を目指しています。

 

モディ政権の迅速の経済対策によりも2021年には+12%の成長が見込まれており鮮やかなV字回復となっています。

 

経済成長にだまされるな!

インドという国が持つポテンシャルは非常に大きく、有事の際の対応を見ても今後のインド経済成長には非常に大きな期待ができます。

 

今後、経済成長するのが間違いないならすぐインド株に投資しなければ!

 

そう思った方、ご注意ください!実はここに大きな落とし穴があります。

 

「経済成長」という言葉にひかれてすぐに投資してはいけません。なぜなら、資産運用で利益を出すためには絶対に安く買って高く売る必要があります。つまり、今のインド株の株価が安いか高いかを必ずチェックしなければいけないのです。

 

新興国投資で要注意

✔ 経済成長するだけでは買ってはいけない
✔ 株価が安いか高いかを必ずチェックする

インド株は割安なのか?

インド株式市場と世界の比較

それではインドの今の株価は安いのでしょうか?高いのでしょうか?

 

国ごとにPERを比較してみましょう。PERとは株価が割安が割高かを判断するための代表的な株式指標で、数字が小さければ割安、数字が大きければ割高を意味します。

 

2021年5月

米国 36.9
インド 32.4
先進国 31.9
エマージング国 19.9
日本 19.1

 

先進国のPERが31.9、エマージング国が19.9となっているように一般的には先進国の方がエマージング国よりも高くなっています。ですが、インドのPERは32.4となっており先進国の水準を超えています。

 

例えばこの表で見ると日本のPERは19.1で小さく見えますが、一昔前は12~13程度でしたので、感覚的には日本の19.1でも割高だなぁという印象です。そして、インドのPER32.4はそれを大きく上回っています。

 

株式は企業実態に関わらず人気が高ければ買う人が増え、株価はどんどん上がっていきます。つまり、BRICSとして注目されているがゆえ、インドは新興国でありながらすでに先進国を超える株価水準になっていしまっているわけです。

 

いまいちイメージし辛いかもしれませんが、ハッキリ言ってインドの現在のPER水準は世界的に見てもめちゃくちゃ高い水準なのです。

 

過去のPER水準との比較

インドが他の国に比べて人気が高いだけじゃないの?
インドではPER30くらいが普通なのでは?

 

そう思われた方もいるかもしれません。念のために、過去のインドのPERとも比較してみましょう。

 

インドのPER比較

2021年5月 32.4
2019年5月 21.7
2017年5月 22.6
2015年5月 20
2013年5月 15.7

 

2013年からの8年間でインドのPERは約2倍になっています。

 

これは、同じ価値の会社の株が、2013年には1000円で買えたのに、2021年では2000円払わないと買えないことを意味します。

 

不動産で考えたら分かりやすいかもしれませんね。昔は1億円で買えたマンションが今は2億円払わないと買えないわけです。いくらいい物件だと言っても2倍の高値でつかんで利益が出るでしょうか?

 

価格が上がり続ければいいですが、そんな事が起こらないのは日本の不動産バブルでも証明されていますよね。

 

「今後、経済成長していく」という言葉にひかれて投資したくなってしまいますが、高値掴みだけはしないように注意して下さい。

 

それでもどうしてもインド株に投資したいという方は個別のインド投資信託についても解説していますのでそちらも参考にしてみて下さい。

 

あわせて読みたい
投資すべきではない?ドイチェ・インド株式ファンドの評判を徹底分析!新興国投資でイチバン簡単な投資手法は投資信託を購入することです。 投資信託はなかなか良いものが少ないですが、本当に内容の良...
あわせて読みたい
新生UTI・インドファンドを選ばない理由!運用成績やチャートから分析する本当の評価・評判とはこれから経済成長していく新興国に投資することでハイリターンを狙える新興国投資は魅力的です。 代表的な新興国はBRICSなど...

 

新興国投資で利益を上げる方法とは

じゃあ、いまから新興国に投資しても儲からないのかというとそんなことはありません。

 

新興国投資で利益をあげたいなら

  1. 「経済成長する国の株」を
  2. 「割安な価格」で買う

事が必須です。

 

これを満たしているのは中国株式です。同じBRICSでも中国株式はまだまだ割安な水準です。

新興国を成長力と割安度でカテゴライズ

PER比較

インド(2021年) 32.4
インド(2013年) 15.7
中国(2021年) 16.2

 

中国株はちょうど8年前のまだ割安なインドと同水準ですね。中国はこれから間違いなく経済成長していく国ですし世界1位の経済大国になるとも言われています。

 

新興国株式投資をお考えの方には中国株での運用を強くおすすめします。私自身も新興国株投資は中国株1本に絞って行っています。

 

さらに、ただ中国の株式を購入するのではなく中国株のスペシャリストであるヘッジファンドを通して運用しています。

 

「新興国株投資でハイリターンを得たい」

「中国株に投資してみたい」

「運用のプロであるヘッジファンドが気になる」

 

そういった方は下記にて中国株スペシャリストのヘッジファンドも解説してますのでぜひご一読ください。

 

あわせて読みたい
オリエントマネジメント
【ORIENT MANAGEMENT】中国株式市場に狙いを定める評判のヘッジファンド「オリエント・マネジメント」を徹底評価! 筆者は2021年からは中国の株式市場が世界で一番有望であると目をつけています。 そもそも新興国株式は先進国に対して...

 

新興国投資で投資で大きく資産を増やす投資先とは?投資対象・運用戦略・期待リターンから厳選。
新興国の資産運用

 

 

皆さんもご存知のことと思いますが、現在世界経済の成長を牽引しているのは疑いなく新興国経済となっています。今後も先進国の成長率は低下することが見込まれていますが、新興国の高い成長率は継続することが予想されています。

先進国と新興国の経済成長率の比較

経済の成長にともなって新興国企業の1株あたりの利益もコロナから順調に回復し再び成長軌道に乗ることが見込まれています。

新興国の経済成長率の推移を先進国と比較

 

一方、堅調な経済成長と企業利益とは反対に、新興国株式は軟調に推移し先進国株式に対して割安に推移しています。結果として新興国株式は先進国株式に対して30%程度割安となっており2020年代は再び新興国株式の時代がくると目されています。

青:新興国株式全体
黄:全世界株式全体
緑:先進国株式全体

先進国に対して劣後する新興国株式市場

参照:MSCI

 

強い株式市場というのは移り変わっていきます。2000年代は新興国株式、2010年代は先進国株式でした。2020年代は再び新興国株式の時代が到来しようとしているのです。

そして、新興国株式投資で大きなリターンをだすためには、中でも魅力的な新興国に投資をする必要があります。

 

また、新興国の個別株は個人投資家にはなかなか分析するのが難しいのではないでしょうか。そこで、新興国株式の分析をし実際に投資している筆者の観点から大きなリターンを望める投資先を厳選してランキング形式でまとめています。

新興国投資を行う際に参考にしていただければと思います!