中国投資信託(ファンド・ETF)

メガバンク系列が運営していると評判の三井住友ニューチャイナファンドとは?今後の見通しを含めて評価する!

メガバンク系列が運営していると評判の三井住友ニューチャイナファンドとは?今後の見通しを含めて評価する!

三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドは三井住友銀行系列の三井住友DSアセットマネジメントが運用する中国株に投資する投資信託です。

2020年のモーニングスターアワード・ファンド・オブ・ザ・いやーの国際株式部門の優秀ファンド賞を受賞しています。

 

中国株は筆者としても、今後の新興国株式として中国に最も期待を寄せています。中国株式市場が魅力的であると考えている点については以下でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

 

あわせて読みたい
中国の経済は今後どうなる?終焉と謳われた過去を払拭し中国製造2025でハイテク産業重視にシフトしてGDPで世界の覇権を握る!
中国の経済は今後どうなる?終焉と謳われた過去を払拭し中国製造2025でハイテク産業重視にシフトしてGDPで世界の覇権を握る!中国と聞くと皆さんどんなイメージでしょうか? ✔︎ まだまだ未熟な新興国 ✔︎ 既に発展フェーズが終...

 

本日は三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドについてお伝えしていきます。

三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドの特徴とは?

まずはニュー・チャイナ・ファンドの特徴について見ていきましょう。

中国本土と香港の上場銘柄とADRに投資

投資対象は中国銘柄全般です。

一般的に中国投資を行う拠点としては香港が一般的ですが、三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドは中国株に投資できる以下の市場に投資しています。

✔︎ 香港株式市場
✔︎ 中国本土株式市場(上海・深セン)
✔︎ ADR

 

あわせて読みたい
中国株式市場への投資は割安で魅力的!A株、B株、H株、レッドチップなどの違いについてもわかりやすく解説する。
中国株式市場は割安で投資する機会が到来!A株、B株、香港H株、レッドチップなどの違いについてもわかりやすく解説する。前回、中国の経済見通しが今後も明るいことをお伝えしてきました。 https://indexnz.com/china-eco...

 

ADR(=American Deposit Receipt)は米国市場を通して上場している中国銘柄のことを指します。以下はインドの例ですが、インドに上場している銘柄を米国銀行のインド支店が保有して、その保有している株を担保に米国市場で上場する仕組みです。

ADRとは

参照:楽天証券

 

米国市場に上場している中国のADRとして以下のような銘柄があります。

Ticker 銘柄名
BABA アリババ
BIDU バイドゥ
JD JD.com
CCIHY チャイナキャッシュ・インターナショナル
CMCM チータ・モバイル
LFC 中国人寿保険

 

現在の三井住友ニューチャイナファンドの組み入れ比率は以下となります。

香港H株 5.8%
レッドチップ 5.2%
香港その他 33.3%
上海・深センA株 26.5%
ADR 16.3%
リート 1.1%
現金 11.8%

 

4つの観点で銘柄を厳選するアクティブ型の投資信託

三井住友ニューチャイナファンドは指数に対してプラスのリターンを狙うアクティブ型の投資信託です。中国のアクティブファンドは数多く存在しています。

理由としては上海総合指数やハンセン指数に連動する投信を組成するのは難しいのと、そもそも中国の指数は国有企業を多く組み入れているため低いリターンとなってしまうからです。

以下では筆者が網羅的に調べている中国のアクティブファンドを比較してランキング形式でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

 

あわせて読みたい
【2021年】中国株に投資する投資信託を中心としたおすすめファンドをランキング形式で紹介!
【2021年】中国株に投資する投資信託とETFをおすすめ順にランキング形式で紹介!今後の見通しが良いファンドとは?中国は経済成長力は新興国の中でも依然として高水準で中所得国の罠を乗り越えて世界第1位の経済大国を伺う超大国です。 しかし、この10...

 

本題に戻します。三井住友ニューチャイナファンドは以下の4点から銘柄を厳選しています。

✔︎ 構造的な成長分野の有力企業
✔︎ 国際競争力のある企業
✔︎ 政策のサポートを得ている企業
✔︎ 増配が期待できる企業

当然といえば当然ですね。上記でいうと中国製造2025に指定されている産業が該当しそうですね。

中国の製造強国への道「中国製造2025」

構成上位10銘柄

以下は構成上位10銘柄です。テックジャイアンとをはじめとして基本的には他の中国の投資信託と同様の構成となっています。

順位 銘柄名 概要 構成比率
1 テンセント テックジャイアント。対話アプリ「微信」やメッセンジャー「QQ」で築いた顧客資産を元にゲーム、オンライン決済、動画配信を提供 7.4%
2 アリババ 中国EC大手。個人間取引のタオバオと、BtoCのTモールの運営を中核としている。 6.8%
3 トリップ・ドットコム 中国のオンライン旅行代理店大手 4.0%
4 貴州茅台酒 中国の大手酒造メーカー 3.0%
5 北京キングソフト
オフィス
ソフトウェア
中国のソフトウェア開発大手。 2.9%
6 AIAグループ 香港、タイ、中国本土を中心とした地域に展開する大手保険会社 2.7%
7 深セン高速公路 深セン市を中心に高速道路の建設と保守を手がける。 2.7%
8 バイドゥ 中国版のGoogle。中国ユーザーから圧倒的支持を得ている。 2.6%
9 GDS データセンターの開発運営を行う 2.3%
10 アイアル・アイ・ホールデイングス 中国の眼科医療チェーン 2.3%

参照:ニューチャイナファンド月次レポート

高すぎる分配金

三井住友ニューチャイナファンドは高すぎる分配金を設定しています。

決算日 分配金
2016年10月20日 1000円
2017年10月20日 1800円
2018年10月20日 500円
2019年10月20日 500円
2020年10月20日 1600円
累計 22800円

 

現在の基準価格16000円から考えても10%程度です。リターンの項目でもお伝えしますが分配金を出しすぎていることで投資家リターンを毀損しています。

手数料水準は他の中国投信と同水準

手数料水準は購入手数料と信託手数料は以下となっています。他の中国投信と同水準となっています。

購入手数料:3.3%(税込)
信託手数料:年率1.98%(税込)

三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドのリターン

それでは肝心の三井住友ニューチャイナファンドのリターンについてみていきたいと思います。

三井住友ニューチャイナファンドのリターン
1年 3年
(年率)
5年
(年率)
10年
(年率)
トータル
リターン
32.53% 13.10% 16.52% 11.15%
標準偏差 17.43 20.82 17.52 21.49

過去10年の年率リターンと標準偏差から想定される今後1年間のリターンは確率毎に以下となります。

【68.2%の確率】
▲10.34%(11.15%-21.49%) 〜 32.64%(11.15%+21.49%)

【95%の確率】
▲31.83%(11.15%-21.49%×2) 〜 54.13%(11.15%+21.49%×2)

【99.7%の確率】
▲53.32%(11.15%-21.49%×3) 〜 75.62%(11.15%+21.49%×3)

 

ただ、注意しないといけないのは上記のリターンは税引前分配金再投資後のリターンということです。分配金は拠出されると同時に20.315%の税金が差し引かれます。

つまり、再投資できる金額は実際には更に低いため最終的なリターンは低くなります。あくまで上記の数値は架空のリターンということを捉えておきましょう。

 

また、皆さん投資信託から分配金を受け取ったら基本的には再投資をしないのではないでしょうか?基本は受け取ったら別の用途に使うと思います。

つまり、分配金を受け取ってそれを再投資するというのは絵空事なのです。分配金をださずに税金分を毀損せずに運用をする投信の方が投資家のことを真に想っている投資信託ということができます。

MSCI中国指数や他の投資信託と比較

それでは投資信託がおもに対象指数に用いているMSCI中国指数や他の投資信託と比べていきたいと思います。

黄道:三菱UFJチャイナオープン
青色:HSBCチャイナオープン
紫色:中華圏株式ファンド
緑色:MSCI中国

三井住友ニューチャイナファンドのリターンを他の投資信託と比較

以下は過去10年のリターンとリスクをデータとして比べたものです。

基準価額、純資産は 2021年07月06日 現在

ファンド名 三井住友・
ニュー・チャイナ・ファンド
三菱UFJ チャイナオープン HSBC チャイナオープン 中華圏株式
ファンド
(毎月分配型)
MSCI中国
(配当込)
トータル
リターン
1年
32.53% 37.73% 34.42% 34.64% 32.13%
トータル
リターン
3年(年率)
13.10% 13.64% 10.90% 12.70% 11.50%
トータル
リターン
5年(年率)
16.52% 17.73% 16.76% 14.61% 19.01%
トータル
リターン10年(年率)
11.15% 11.51% 10.80% 8.71% 11.58%
標準偏差1年 17.43 16.62 18.30 16.66
標準偏差3年 20.82 22.47 22.46 22.00
標準偏差5年 17.52 18.74 19.12 18.64
標準偏差10年 21.49 22.07 23.63 21.52

 

チャートからもわかる通り、どのファンドも基本的に同様の動きをしています。殆どの中国投信は構成上位銘柄が似通っているので同じ動きになりがちなのです。

ただ、配当金をだしてしまっているので実態のリターンは低い成績となってしまっています。

まとめ

三井住友ニューチャイナファンドについてまとめてきました。

✔︎ 中国、香港、ADR銘柄に投資
✔︎ 構成上位銘柄は他の中国投資信託と概ね同じ
✔︎ 分配金を出しすぎておりリターンを毀損している
✔︎ リターンは他の中国投資信託と殆ど同じ

分配金の高さや平凡な成績であることから、あえて三井住友ニューチャイナファンドに投資する理由は見つかりませんでした。

以下では魅力的な新興国投資信託をランキング形式でお伝えしてます。参考にしていただければと思います。

新興国投資で投資で大きく資産を増やす投資先とは?投資対象・運用戦略・期待リターンから厳選。
新興国の資産運用

 

新興国ファンドランキング

 

皆さんもご存知のことと思いますが、現在世界経済の成長を牽引しているのは疑いなく新興国経済となっています。今後も先進国の成長率は低下することが見込まれていますが、新興国の高い成長率は継続することが予想されています。

先進国と新興国の経済成長率の比較

経済の成長にともなって新興国企業の1株あたりの利益もコロナから順調に回復し再び成長軌道に乗ることが見込まれています。

新興国の経済成長率の推移を先進国と比較

 

一方、堅調な経済成長と企業利益とは反対に、新興国株式は軟調に推移し先進国株式に対して割安に推移しています。結果として新興国株式は先進国株式に対して30%程度割安となっており2020年代は再び新興国株式の時代がくると目されています。

青:新興国株式全体
黄:全世界株式全体
緑:先進国株式全体

先進国に対して劣後する新興国株式市場

参照:MSCI

 

強い株式市場というのは移り変わっていきます。2000年代は新興国株式、2010年代は先進国株式でした。2020年代は再び新興国株式の時代が到来しようとしているのです。

そして、新興国株式投資で大きなリターンをだすためには、中でも魅力的な新興国に投資をする必要があります。

 

また、新興国の個別株は個人投資家にはなかなか分析するのが難しいのではないでしょうか。そこで、新興国株式の分析をし実際に投資している筆者の観点から大きなリターンを望める投資先を厳選してランキング形式でまとめています。

新興国投資を行う際に参考にしていただければと思います!

 

新興国ファンドランキング