新興国投資信託(ファンド)

【2021年】新興国株式に投資するファンドをランキング形式で紹介!投資信託(&ETF)やヘッジファンドを網羅的に評価する。

【2021年】新興国株式に投資するファンドをランキング形式で紹介!投資信託やヘッジファンドを網羅的に評価する。

2000年代に第一次新興国株式のブームがきましたがリーマンショック後は米国や日本株といった先進国株式のブームがきました。

結果として高い成長率を維持しているにも関わらず株価は割安になっており投資妙味は高くなっています。2020年代は再び新興国株式の時代がやってくると筆者は確信しています。

ただ、いくら投資する対象がよかったとしても、運用がうまくないと大きなリターンを獲得することはできません。

本日は新興国株式に投資している投資信託に関して分析したものを、

✔︎投資対象国の魅力度
✔︎狙えるリターン
✔︎安定性
✔︎ファンドマネージャーの実績

という観点からランキング形式でお伝えしていきたいと思います。

第1位:中国に狙いを定めるオリエント・マネジメント

中国株式市場に狙いを定める評判のヘッジファンド「オリエント・マネジメント」を徹底評価!

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
95点
中所得国の壁を突破し高い経済成長を維持し米国をも捉えかけている超大国新興国である中国に狙いを定める。株式市場は先進国市場に対して30%以上割安で大きな投資機会が狙える。
狙えるリターン
90点
現在の経済水準は日本のバブル相場に入る直前期。今まで株価が停滞していたことを加味すると数年で数倍になることも十分狙える条件が整っている。
安定性
80点
新興国株式なので値動きは大きいことが想定される。ただ、ファンドマネージャーは日本株のバリュー株投資ファンドで一度もマイナスをだしない経歴の持ち主で下落耐性も期待できる。
ファンドマネージャー
95点
東大卒で外資系金融機関出身のファンドマネージャーが運用。過去に日本株や新興国株での運用実績もあり2021年から中国株に狙いを定めて香港にわたりリアルな情報を元に銘柄を厳選している。

 

中国は言わずもがなですが日本を2009年に抜いて世界第2位の経済大国になりアメリカの背後も捉えています。今後世界1位の経済大国になるのも時間の問題です。

また、ハイテク産業も盛んとなっており産業の高付加価値を実現し続けながら高い成長率を維持し続けています。(→中国経済の今後の高い可能性)

日本と中国と米国のGDPの推移

一方、株式市場は10年間停滞しており割安度が日に日に高まっています。コロナショック以降先進国株が高騰しており、相対的に安い中国株の投資機会が今まさに訪れています。

上海総合指数の推移

オリエンタルマネジメントは東大卒の腕利きのヘッジファンドマネージャーが、今後10年は中国株の時代がくると狙いを定めて立ち上げたヘッジファンドです。

バリュー株投資を得意としており、割安株がごろごろしている中国株市場は彼の本領を発揮できるフィールドが整っているといえるでしょう。2021年からの大きなリターンを狙う先として筆者もポートフォリオの主軸として据えています。

 

詳細ページ公式ページ

 

第2位:深セン・イノベーション株式ファンド

【ブログ更新】深セン・イノベーション株式ファンド(1年決算型)を徹底評価!基準株価が堅調に推移し評判の中国投資信託を紐解く。

詳細ページ公式ページ

投資対象国魅力
90点
中国の中でもハイテク企業が多く存在している深センに上場しているハイテク銘柄を中心に投資している。
狙えるリターン
90点
中国のハイテク企業に投資しているので高いリターンを狙うことができる。ただ、今バリュエーションが高めなのが気がかり。
安定性
60点
投資セクターが値動きの激しいハイテクセクターに偏重しているので標準偏差(=リスク) が高い。最大60%程度のドローダウンも覚悟しないといけない。値動きの激しさから少額の投資に抑えるのが賢明。
ファンドマネージャー
75点
ファンドマネージャーは投資信託なので打ち出されていないが、日興アセマネが担当している。

 

第3位:新興国全体に投資するETF「VWO」

新興国全体に投資するETF「VWO」

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
85点
新興国全体を投資対象としているETF。新興国全体としては魅力的ではあるものの、成長力が低い国や政治の安定性が低い国も含まれているのが惜しい点。ただ中国が40%含まれている点はポジティブ。
狙えるリターン
80点
新興国株式全体として魅力的な環境が整っているので、新興国全体である程度のリターンを狙うことができる。
安定性
75点
新興国株は値動きが大きい傾向にあるが5000銘柄以上に分散しているのである程度大幅下落は抑えられる。
ファンドマネージャー
指数に連動するインデックスファンドなのでファンドマネージャーという概念が存在しない。

 

第4位:新成長中国株式ファンド (愛称:シャングリラ)

【愛称:シャングリラ】評判の新成長中国株式ファンドの特徴や実績を含めてわかりやすく評価する!

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
90点
中国を投資対象にしている点はポジティブではあるが、既に割高なハイテクに集中している点を加味して90点とします。
狙えるリターン
77点
他の総合型の中国投資信託と同じ値動きとなっているが若干ではあるが高いリターンを出している。
安定性
70点
他の新興国投資信託と同様に値動きの荒さを表す標準偏差は高い数値となっています。
ファンドマネージャー
80点
大手アセットマネジメントのアセットマネジメントワンが運用している。分配金を殆どだしていないのがポジティブな点。

 

第5位:CXSE(ウィズダムツリー中国ニューエコノミーファンド)

 

中国株でおすすめのETFとは?ハイテクにまとめて投資できると評判のCXSEを構成銘柄や今後の株価を含めて評価する。

 

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
95点
オリエントマネジメントと同じく2020年代最も魅力的な新興国株式市場である中国を投資対象としている
狙えるリターン
85点
同じハイテクに投資をしている深セン・イノベーション株式ファンドより低いリターンとなっている。
安定性
65点
上位銘柄に偏っており、価格の値動きは非常に大きい。40%程度の損失は覚悟する必要がある。
ファンドマネージャー
85点
シーゲル教授がアドバイザーを務めるウィズダムツリー社が運用を担当している。

 

第6位:eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

新興国株式に丸ごと投資できると評判の「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」を徹底評価!今後の見通しを含めて紐解く。

詳細ページ公式ページ

投資対象国魅力
80点
新興国全体を投資対象としている投資信託。MSCIエマージング・マーケット・インデックスに連動している。VWOに比して既に新興国ではない韓国を含めているのがマイナスポイントなので80点としています。
狙えるリターン
75点
韓国が入っている分VWOより若干低い評価としています。
安定性
80点
1400銘柄に分散しておりBRICS+韓国という比較的大型の新興国で80%を占めているので80点と比較的高評価を与えています。
ファンドマネージャー
指数に連動するインデックスファンドなのでファンドマネージャーという概念が存在しない。しかし、連動目標とするインデックスとの乖離率が低いのはプラスポイントです。

第7位:HSBCチャイナオープン

中国株に投資する投資信託「HSBCチャイナオープン」を徹底評価!標準偏差(=リスク)の大きさがやや懸念される。

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
95点
オリエントマネジメントと同じく2020年代最も魅力的な新興国株式市場である中国を投資対象としている
狙えるリターン
75点
年率10%以上のリターンを実現しているが、ハイテク銘柄の比率が多くなっていることでバリュエーション調整の影響で直近軟調に推移している。
安定性
70点
新興国投信なので致し方ない側面もありますが、価格の値動きは大きく最大40%程度の下落は覚悟する必要があります。
ファンドマネージャー
80点
ファンドマネージャーは投資信託なので打ち出されていないが、老舗のグローバルバンクが運用しているという安心感がある。

 

第8位:ベトナム成長株インカムファンド

ベトナム成長株インカムファンドは評判の割に標準偏差やシャープレシオがネック?基準価額チャート、指数連動ETFとの運用成績比較で評価していく

 

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
80点
ベトナムを投資対象としており、代表指数、VN指数は健全に成長している。市場規模はまだ小さく、投資対象としてはそれなりのリスクを覚悟。
狙えるリターン
75点
年率10%以上のリターンを実現しているが、直近3年のパフォーマンスを見ると下落耐性に課題あり。
安定性
65点
新興国投信なので致し方ない側面もありますが、価格の値動きは大きく最大40%程度の下落は覚悟する必要があります。
ファンドマネージャー
80点
ファンドマネージャーは投資信託なので打ち出されていないが、新興国ファンドに特化した会社が運用しており、その専門性には期待したい。

 

第9位:DIAM中国関連株式オープン

【チャイニーズ・エンジェル】投資信託「DIAM中国関連株オープン」とは?広い意味で中国全体に投資をする投信を徹底評価!

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
85点
中国企業だけではなく、他の資本でも中国に多くの資産を保有していたり中国からの売上比率が高い銘柄を組み入れている。
狙えるリターン
75点
他の中国投信や中国指数に対してアンダーパフォームしており芳しくない。
安定性
65点
価格の下落幅は40%程度までは覚悟をしておく必要がある。
ファンドマネージャー
75点
DIAMが運用を行なっている。他の一流銀行やアセットマネジメント会社と比べると若干低い評価のため75点とする。

 

第10位:三井住友ニューチャイナファンド

メガバンク系列が運営していると評判の三井住友ニューチャイナファンドとは?今後の見通しを含めて評価する!

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
85点
中国に投資をしているが香港で事業を行なっている企業の組入比率が多くなっている。
狙えるリターン
75点
リターンの殆ど全てを分配金として出しており複利効果を大きく毀損している。その点、他の中国投資信託よりは低い評価となっている。
安定性
70点
新興国投資信託特有の標準偏差の高さとなっている。
ファンドマネージャー
80点
メガバンク関係のアセットマネジメント会社が運用しており信頼感はある。

 

第11位:中華圏株式ファンド

【チャイワン】日興が運営する評判の投信信託「中華圏株式ファンド (毎月分配型)」を徹底評価!株価(=基準価格)の今後の見通しを含めて紐解く。

詳細ページ公式ページ

投資対象国魅力
90点
中国が含まれているのは素晴らしいですが、台湾も含まれており成長性の点で少し劣ります。
狙えるリターン
70点
一般的な中国投資信託と同様のリターンではありますが、過大な分配金をだしており元本から拠出する特別分配金になってしまっている。長期投資には不適格。
安定性
70点
新興国投資信託であり組み入れ銘柄も多くないので安定性は高くはない。
ファンドマネージャー
80点
深センイノベーション株式ファンドと同じ日興が運用をこなっている。

 

第12位:新生・UTIインドファンド

 

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
70点
インドは個別銘柄の投資環境が整っておらず、まだ株式市場は未整備。投資信託やETF、ADRを通してのみ投資可能。現段階での投資はハイリスク。
狙えるリターン
70点
年率10%以上のリターンを実現しているが、株価が上昇し過ぎて暴落の危険性もあり。インド経済の成長に合わせた修正を期待。
安定性
65点
新興国投資であるがゆえにボラティリティは大きく、現在の株価水準では大幅下落を覚悟する必要あり。
ファンドマネージャー
85点
ファンド設定時から一貫して同じファンドマネージャーが務める。ファンドマネージャーとしての受賞歴もあり安心感をもてる。

 

第13位:ベトナム株式ファンド

ベトナム株式ファンド

 

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
80点
ベトナムを投資対象としており、代表指数、VN指数は健全に成長している。市場規模はまだ小さく、投資対象としてはそれなりのリスクを覚悟。
狙えるリターン
75点
年率10%以上のリターンを実現しているが、直近3年のパフォーマンスを見ると下落耐性に課題あり。
安定性
65点
新興国投信なので致し方ない側面もありますが、価格の値動きは大きく最大40%程度の下落は覚悟する必要があります。
ファンドマネージャー
75点
ファンドマネージャーは投資信託なので打ち出されていないが、大手金融機関が運用を行っており、その安心感はあり。

 

第14位:ドイチェ・インド株式ファンド

 

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
70点
インドは個別銘柄の投資環境が整っておらず、まだ株式市場は未整備。投資信託やETF、ADRを通してのみ投資可能。現段階での投資はハイリスク。
狙えるリターン
65点
ここ10年のリターンで年率8%、シャープレシオは0.37となっておりリスクが高い割にそれに見合うリターンは得られていない。
安定性
55点
新興国投資であるがゆえにボラティリティは大きく、またインド株式は割高な状況となっているため場合によっては大幅下落を覚悟する必要あり。
ファンドマネージャー
70点
ファンドマネージャーは投資信託なので打ち出されていないが、大手金融機関が運用を行っており、その安心感はあり。

 

第15位:高成長インド・中型株式ファンド

 

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
70点
インドは個別銘柄の投資環境が整っておらず、まだ株式市場は未整備。投資信託やETF、ADRを通してのみ投資可能。現段階での投資はハイリスク。
狙えるリターン
65点
ここ5年のリターンで年率11%となっている点は評価できるが、シャープレシオは0.45となっておりリスクに見合うリターンを得られていないのが現状。
安定性
55点
新興国投資であるがゆえにボラティリティは大きく、状況によっては大幅下落を覚悟する必要あり。
ファンドマネージャー
70点
ファンドマネージャーは投資信託なので打ち出されていないが、大手金融機関が運用を行っており、その安心感はあり。

 

第16位:新光ピュア・インド株式ファンド

 

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
70点
インドは個別銘柄の投資環境が整っておらず、まだ株式市場は未整備。投資信託やETF、ADRを通してのみ投資可能。現段階での投資はハイリスク。
狙えるリターン
65点
ここ10年のトータルリターンは8%を超えているもののシャープレシオは0.35となっておりリスクが先行している。
安定性
55点
新興国投資であるがゆえにボラティリティは大きく、状況によっては大幅下落を覚悟する必要あり。
ファンドマネージャー
70点
ファンドマネージャーは投資信託なので打ち出されていないが、大手金融機関が運用を行っており、その安心感はあり。

 

第17位:ダイワ・インド株ファンド

 

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
70点
インドは個別銘柄の投資環境が整っておらず、まだ株式市場は未整備。投資信託やETF、ADRを通してのみ投資可能。現段階での投資はハイリスク。
狙えるリターン
60点
ここ10年のトータルリターンは年6%となっており新興国投資としては物足りない。シャープレシオも0.27とリスクが先行している。
安定性
55点
新興国投資であるがゆえにボラティリティは大きく、状況によっては大幅下落を覚悟する必要あり。
ファンドマネージャー
70点
ファンドマネージャーは投資信託なので打ち出されていないが、大手金融機関が運用を行っており、その安心感はあり。

 

第18位:HSBCインド株式ファンド

 

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
70点
インドは個別銘柄の投資環境が整っておらず、まだ株式市場は未整備。投資信託やETF、ADRを通してのみ投資可能。現段階での投資はハイリスク。
狙えるリターン
60点
ここ10年のトータルリターンは年5%程度と小さい。シャープレシオも0.20となっており運用効率も非常に悪い。
安定性
55点
新興国投資であるがゆえにボラティリティは大きく、状況によっては大幅下落を覚悟する必要あり。
ファンドマネージャー
70点
ファンドマネージャーは投資信託なので打ち出されていないが、大手金融機関が運用を行っており、その安心感はあり。

 

第19位:ニッセイ・インド厳選株式ファンド

 

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
70点
インドは個別銘柄の投資環境が整っておらず、まだ株式市場は未整備。投資信託やETF、ADRを通してのみ投資可能。現段階での投資はハイリスク。
狙えるリターン
65点
ここ5年のリターンは一桁パーセント台に収まっており、シャープレシオは0.32とリスクに見合うリターンを得られていない。
安定性
55点
新興国投資であるがゆえにボラティリティは大きく、状況によっては大幅下落を覚悟する必要あり。
ファンドマネージャー
70点
ファンドマネージャーは投資信託なので打ち出されていないが、大手金融機関が運用を行っており、その安心感はあり。

 

第20位:HSBCインド・インフラ株式オープン

 

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
70点
インドは個別銘柄の投資環境が整っておらず、まだ株式市場は未整備。投資信託やETF、ADRを通してのみ投資可能。現段階での投資はハイリスク。
狙えるリターン
60点
ここ10年のリターンは1.70%(年率)とごくわずか。シャープレシオは0.05とリスクが大きく先行している。
安定性
55点
新興国投資であるがゆえにボラティリティは大きく、状況によっては大幅下落を覚悟する必要あり。
ファンドマネージャー
70点
ファンドマネージャーは投資信託なので打ち出されていないが、大手金融機関が運用を行っており、その安心感はあり。

 

第21位:野村インド株投資

 

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
70点
インドは個別銘柄の投資環境が整っておらず、まだ株式市場は未整備。投資信託やETF、ADRを通してのみ投資可能。現段階での投資はハイリスク。
狙えるリターン
60点
ここ10年のリターンは一桁パーセント台に収まっており、シャープレシオは0.36とリスクに見合うリターンを得られていない。ベンチマークも大いに下回る運用成果となっている。
安定性
55点
新興国投資であるがゆえにボラティリティは大きく、状況によっては大幅下落を覚悟する必要あり。
ファンドマネージャー
70点
ファンドマネージャーは投資信託なので打ち出されていないが、大手金融機関が運用を行っており、その安心感はあり。

 

第22位:eMAXIS新興国リートインデックス

新興国株式に丸ごと投資できると評判の「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」を徹底評価!今後の見通しを含めて紐解く。

詳細ページ公式ページ

 

投資対象国魅力
50点
新興国全体のリートに投資できるように設定されているが、新興国の規制によって中国やインドのような本当に魅力的な投資先に投資できない。
狙えるリターン
50点
投資魅力国で述べた通りリターンは今後も低くなる可能性が高い。新興国に投資するのであれば株式市場の方が魅力が高い。実際今までのリターンも2013年以来マイナスとなっている。
安定性
50点
値動きの激しい南アフリカやメキシコの資産を組み入れており安定性も低いと考えられる。
ファンドマネージャー
インデックスファンドなのでファンドマネージャーの手腕は関係ない。しかし、連動目標とする指数に対して乖離が高いのは懸念点となっている。
新興国投資で投資で大きく資産を増やす投資先とは?投資対象・運用戦略・期待リターンから厳選。
新興国の資産運用

 

新興国ファンドランキング

 

皆さんもご存知のことと思いますが、現在世界経済の成長を牽引しているのは疑いなく新興国経済となっています。今後も先進国の成長率は低下することが見込まれていますが、新興国の高い成長率は継続することが予想されています。

先進国と新興国の経済成長率の比較

経済の成長にともなって新興国企業の1株あたりの利益もコロナから順調に回復し再び成長軌道に乗ることが見込まれています。

新興国の経済成長率の推移を先進国と比較

 

一方、堅調な経済成長と企業利益とは反対に、新興国株式は軟調に推移し先進国株式に対して割安に推移しています。結果として新興国株式は先進国株式に対して30%程度割安となっており2020年代は再び新興国株式の時代がくると目されています。

青:新興国株式全体
黄:全世界株式全体
緑:先進国株式全体

先進国に対して劣後する新興国株式市場

参照:MSCI

 

強い株式市場というのは移り変わっていきます。2000年代は新興国株式、2010年代は先進国株式でした。2020年代は再び新興国株式の時代が到来しようとしているのです。

そして、新興国株式投資で大きなリターンをだすためには、中でも魅力的な新興国に投資をする必要があります。

 

また、新興国の個別株は個人投資家にはなかなか分析するのが難しいのではないでしょうか。そこで、新興国株式の分析をし実際に投資している筆者の観点から大きなリターンを望める投資先を厳選してランキング形式でまとめています。

新興国投資を行う際に参考にしていただければと思います!

 

新興国ファンドランキング